垂れ目ボトックス

垂れ目ボトックス

  • HOME »
  • 垂れ目ボトックス

ボトックス注射により、徐々につり目が垂れ目になるため周りに気づかれません。また、目元にしわができにくくなるアンチエイジング効果が期待できるのはうれしいですね。

切れ長のつり目を“クールビューティ”といって表現することもありますし、西洋人にとってはオリエンタルな雰囲気で人気です。ところが、日本では一般的に目がつり上がっていることで、「冷たく見られる」「キツイ印象を与える」などと嫌われがち。そんなつり目の悩みを解消する整形術が垂れ目ボトックスです。

下まぶたの眼輪筋に注射をすることで目元がやさしい印象に

ボツリヌストキシンを使ったボトックス注射は、筋肉の働きをやわらげて動きを弱めるのが特徴です。目の周りを覆っているドーナツ状の眼輪筋と呼ばれる筋肉は、まぶたを開いたり閉じたりする役目をします。垂れ目ボトックスは、下まぶたの眼輪筋にボツリヌストキシンを注射することで、眼輪筋の収縮力が弱まり筋肉がほぐれることで、まぶたの下のラインを広げることで垂れ目を形成することができます。

もちろん、下まぶたをメスで切開し余分な皮膚を切除して垂れ目を形成する施術とは異なりますので、大きく印象を変えることはできません。ですので、かなりキツイつり目の人や目をパッチリと大きくしたい人などには向かないようですが、「メスを使わずに手軽に施術したい」「誰にも気づかれずにやさしい印象の目元にしたい」という人にとってはおススメの施術です。

つり目から垂れ目になりアンチエイジング効果もあるボトックス

ボトックスの効果は、術後3〜7日くらいから徐々に効き始め、約6カ月持続します。一気につり目が垂れ目になるわけではないので、周りに気づかれずにすむことからも人気の施術ですが、目元にしわがよりにくくなるアンチエイジング効果も期待できますので、女性にとってはうれしいプラスαの施術だといえます。

「目元に注射なんかして大丈夫?」
と思われる人も少なくありませんが、安全性の高いボツリヌストキシンを使っているクリニックであれば、副作用の心配はほとんどありません。考えられるとすれば、注射後の内出血くらいです。ただし、すべての人が内出血するわけでもありませんし、たとえ内出血したとしても軽症であれば1週間ほどで目立たなくなってしまうそうです。

スペシャルコンテンツ

しわ

表情ぐせによる額の横じわ、目尻の笑いじわ、眉間のしわなどに効果的。

小顔

エラが張って顔が大きく見える人に小顔効果があります。

多汗症

傷跡も残らず、半年から1年程持続。重度の症状に関しては保険適用も。

ふくらはぎ・足やせ

筋肉が発達して太くなったふくらはぎをすっきりと美脚にします。

花粉症

粘膜の副交感神経の興奮を抑制し鼻水や鼻づまりなどの症状を軽減。

肩こり

肩こりの軽減だけではなく、なだらかな美しい肩のラインを作ります。

垂れ目

徐々につり目が垂れ目になるだけでなく、目元にしわができにくくなります。

口角UP

口元を下に引き下げようとする力を弱め自然に口角UPに。

眼瞼痙攣

男性よりも女性がかかりやすい病気で保険が適用されます。

歯ぎしり

歯ぎしりの解消により肩こり、頭痛、顎関節症などの悩みにも効果。

運用者ブログ

PAGETOP

COPYRIGHTS © 2015 NEOS CORPRATION ALL RIGHTS RESERVED.