副作用

副作用

POINT

基本的にボトックス注射は安全な施術ですが、まれに副作用もあります。内出血や注射による痛み、またボツリヌス菌を注入する量によっても副作用が起こることがあります。

用量・用法さえ守れば基本的には安全!

基本的にボトックス注射は、用量・用法さえ遵守すれば安全です。ただし、まったく副作用がないというわけではありません。では、どのような副作用があるのでしょうか?

ボトックス注射で代表的な副作用は、内出血や注射による痛みです。内出血については数日から1週間ほどで目立たなくなりますのでさほど心配はないでしょう。注射による痛みはクリニックよってかなり異なるようです。また、注射の跡については、内出血が起こらなければ注射跡も目立つことはありません。

質の悪い薬剤を使うとアレルギーが出ることも

アレルギーについては、他の薬剤でも同じですが、稀なケースで起こることもあります。万一、アレルギー反応が出た場合は、医薬品を使って対処するクリニックが多いようですが、質の悪い薬剤を使用するとアレルギー反応も出やすくなりますのでクリニック選びは慎重に行いましょう。

小顔術としてエラボトックスを行った場合、アゴに力が入りづらくなるといったケースも稀にあります。また、物を噛むとアゴが疲れるといったケースもあるようですが、いずれも数日でこうした違和感は薄れていきます。

注入する量によっても副作用が起こることが・・・

ボツリヌス菌を注入する量によっても副作用が起こる場合があり、量が多いと頭痛や軽い風邪のような症状が出ることもあります。また、ひどい場合には吐き気やめまいが起こることもあります。

不自然な表情なども、ある意味では副作用と言えますがここでは除外します。ボトックス注射による、不自然な表情や目が開かなくなったなどについては、「失敗」のページをご覧ください。

ただ、基本的にボトックス注射に使用されている薬剤は、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣などの治療薬として、厚生労働省の認可を受けていますので安全性は実証されています。ですので、信頼できるクリニックで施術を行えば、至って副作用の少ない治療だともいえます。

スペシャルコンテンツ

しわ

表情ぐせによる額の横じわ、目尻の笑いじわ、眉間のしわなどに効果的。

小顔

エラが張って顔が大きく見える人に小顔効果があります。

多汗症

傷跡も残らず、半年から1年程持続。重度の症状に関しては保険適用も。

ふくらはぎ・足やせ

筋肉が発達して太くなったふくらはぎをすっきりと美脚にします。

花粉症

粘膜の副交感神経の興奮を抑制し鼻水や鼻づまりなどの症状を軽減。

肩こり

肩こりの軽減だけではなく、なだらかな美しい肩のラインを作ります。

垂れ目

徐々につり目が垂れ目になるだけでなく、目元にしわができにくくなります。

口角UP

口元を下に引き下げようとする力を弱め自然に口角UPに。

眼瞼痙攣

男性よりも女性がかかりやすい病気で保険が適用されます。

歯ぎしり

歯ぎしりの解消により肩こり、頭痛、顎関節症などの悩みにも効果。

運用者ブログ

PAGETOP

COPYRIGHTS © 2015 NEOS CORPRATION ALL RIGHTS RESERVED.