小顔 – エラボトックス

小顔 – エラボトックス

  • HOME »
  • 小顔 – エラボトックス

エラが張る原因の一つに、物を噛むときに使う「咬筋(こうきん)」という筋肉の肥大があり、エラボトックスは、これらに効果を発揮します。ただし、骨格そのものが角張っている人に注射をしても小顔になることはありません。

女性の場合、エラが張っていると男性的な印象を与えたり、顔が大きく見えたりすることで小顔に憧れるもの。また、最近は角張ったエラを気にする男性も増えていると言われ、そんなエラ張の悩みを解決してくれるのがプチ小顔術のエラボトックスです。

歯ぎしりなどでエラの筋肉が肥大した人におススメのボトックス

「長年の悩みだったエラ張りが、プチ小顔術で解決できるなんて夢みたい!」
ボトックス注射が登場し、エラが張っていることで長年悩んでいた女性たちが喜んだのは言うまでもありません。でも、エラが角張っている人なら誰でもボトックス注射が有効だとは限らないのです。

そもそも、エラが張っている原因は何なのでしょう?
エラの骨格そのものが角張っている場合。これはエラボトックスでは手に負えず、美容整形ではエラの骨削り、骨切り術しかありません。

エラが張るもうひとつの原因は、物を噛むときに使う「咬筋(こうきん)」と呼ぶ筋肉の肥大です。かたい物を噛むことが多かったり、よく歯ぎしりや食いしばりをしたりする人がなりやすい症状です。

周りに気づかれずに小顔になれるプチ整形術

エラボトックスは、後者の咬筋の肥大に効果を発揮する注射術で、筋肉の太さや動きに合わせてボツリヌストキシンを注入することで、筋肉の過剰な働きを弱めることができます。ですので、骨格そのものが角張っている人に注射をしても小顔になることはありません。

エラボトックスが人気の理由のひとつは手軽に施術できるから。わずか10分ほどで終わるため、買い物の途中や仕事の帰りなど忙しい主婦やOL、ビジネスマンでも負担になりません。

人気のもうひとつの理由は、周りに気づかれずに小顔になれること。小顔効果を実感できるのは施術から3〜4週間後。エラ削りのように一気に小顔になるわけではなく、施術後、徐々にシャープなフェイスラインになるため、「あれ、最近、痩せた?」と周りの人に言われるほど、まったく気づかれないという人がほとんどなのも人気の秘密です。

スペシャルコンテンツ

しわ

表情ぐせによる額の横じわ、目尻の笑いじわ、眉間のしわなどに効果的。

小顔

エラが張って顔が大きく見える人に小顔効果があります。

多汗症

傷跡も残らず、半年から1年程持続。重度の症状に関しては保険適用も。

ふくらはぎ・足やせ

筋肉が発達して太くなったふくらはぎをすっきりと美脚にします。

花粉症

粘膜の副交感神経の興奮を抑制し鼻水や鼻づまりなどの症状を軽減。

肩こり

肩こりの軽減だけではなく、なだらかな美しい肩のラインを作ります。

垂れ目

徐々につり目が垂れ目になるだけでなく、目元にしわができにくくなります。

口角UP

口元を下に引き下げようとする力を弱め自然に口角UPに。

眼瞼痙攣

男性よりも女性がかかりやすい病気で保険が適用されます。

歯ぎしり

歯ぎしりの解消により肩こり、頭痛、顎関節症などの悩みにも効果。

運用者ブログ

PAGETOP

COPYRIGHTS © 2015 NEOS CORPRATION ALL RIGHTS RESERVED.